ぜんまいざむらい

双子座AB型。いつか自由に。

嫌いだけど感謝はしてる

今週のお題「おかあさん」

 

このお題は、、少々昔の傷をえぐることになりますが、私はお母さんを好きではないです。

 

小学生低学年のころ両親が別居して(最近また復縁して一緒に住んでるんですけどw)お母さんと一緒に暮らしてたんですね

 

まぁ正義感の強い厳しい母で。

でも私、昔はそんな母を尊敬していたし大好きだったんです。

 

弱いところもあってすぐヒステリックになるし、私によく「あなたは私のこと置いてかないでね」「あなたがいなかったら生きていけない」「あなたが幸せならそれでいい」と言っていました。

 

私も必ず私もお母さんと同じ気持ちだって返事をしてました。いわゆる共依存ですね。

 

それが変わったのは高校受験の合格発表の日。

その日がお母さんの誕生日だったんです。

私の頭は受験結果のことでいっぱいで毎年祝っていたお母さんの誕生日がすっぽり抜け落ちていました。

 

お母さんはそれにかなりショックをうけて家出してしまいました。

今考えるといい大人がそんなことくらいで、、って思うんですけど、その時はやっちまった感でもうパニック。

 

片っ端から電話をかけまくってやっとお母さんの居場所が分かったのですが、そこがなんと別居中のお父さんの家。

 

それからぼろぼろお父さんと結構な頻度で会っていたことや、私達の愚痴を言ってたことが分かって、、、

 

私の世界はひっくり返りました。

 

なんだ、お母さんを支えていたのは私だけじゃなかったんだ、

私はお父さんと会いたくても会えなかったのにな、と。

 

それはもう裏切られた悲しみと肩の荷が下りた安心感でぼろぼろ涙がでてきて。

 

そこからは言うことを聞かなくてもいいんだ、支えなくてもいいんだという楽しさから反抗期と夜遊びが始まりました。

 

でも元々真面目に育ってきてるのでそういうのも肌に合わず(ポイ捨てを止めてガチ喧嘩になったこともありましたw)

 

で、気づいたんです。

この歳まで親の援助なしで生きてこれたか?って。

たしかに裏切られたかもしれない。

でも母が作ったご飯を食べて、洗濯も掃除もして貰って、住むところまで与えてもらっている。(まぁそのもろもろのお金は父親が結構持ってたのでその面で特別な我慢はしませんでしたが)

そもそも父親と母親がセックスしなければ私は生まれて来れなかったんだから、両親には無条件で感謝すべきではないのか?と。

 

でも、その時の私は反動でものすごくお母さんのことを嫌っていたので、だったら私は誰の力も借りない!と、炊事、洗濯、掃除全部やりました。でも学費は?住む場所は?これからかかるお金は誰が払うの?全て親です。

 

なので、私は反抗を諦めました。

親には一生頭が上がらないものだと。

 

でももう好きにはなれません。だから早く独立する道を探しました。今は大手企業の寮で楽しく生活しています。

 

好きではないけれど、恩は返しきれないほどあります。

 

この複雑な気持ちは自分が子供を持ったらまた変わるのかなぁとも思います。

 

早く自分の中で折り合いがつくといいんですけど、、ね。