ぜんまいざむらい

双子座AB型。いつか自由に。

狂人は誰?

 

 

私が狂ってるのか。

私以外が狂ってるのか。

 

幼い頃に比べると周りの本当の意思が汲み取れなくなってきた。

 

なんだか薄い膜で覆われているような。

だれもが本音でしゃべってないような。

世界が歪んでいるような。

 

歳をとるごとにみんな嘘が上手くなる。

 

だからこそコミュニケーションもうまくまわるんだろうけど、そこに狂気をかんじてしまう。

 

 

学生の時は年齢が同じくらいの集まりだから嘘のレベルもたかが知れてた。わたしは察知が上手いほうだったし、嘘の裏にある本心を安易に読み取れた。言葉は聞いていなくても表情や声で判断できるからちゃんと話しを聞いてなくてもだいたいの人とは上手くいった。

 

だけど今は違う。

 

社会に出れば色んな年齢の人がいるし、年取るほど嘘がうまい。田舎から上京してきた人も嘘がうまい。それに、仕事ができる人ほど嘘がうまい。

 

 

今まで簡単に見えていたコミュニケーションの糸のほつれが、結び目が、全然見えない。

 

 

友達同士の糸が切れてしまいそうなたびにこっそり結びなおしていたのに、もうそんなことできっこない。

 

糸は複雑で絡まっていてほつれなんて検討もつかないし、もはや最初から結ばれていなかったのかもしれないし、だれもが糸を見せたがらない。

 

 

そんな蜘蛛の巣みたいに広がった糸に絡まって、もがけばもがくほど息ができなくなって、わたしの中の白い部分にゆっくりと毒が侵食していく。

 

その毒はわたしから白くて綺麗なものを奪っていく。

 

環境を変えてもどこにでもある毒。

蜘蛛の巣に触れないようにそろりそろりと歩くのに、絶対につかまってしまう。

 

 

世の中で正常と言われている人には多分この糸が見えない。

 

大人になるにつれて鈍く強く目をつぶれるようになって糸が絡まってもずんずん進んでく。

 

蜘蛛の糸なんて気にしなければどんどん引きちぎれる。

 

そのせいで蜘蛛が死んだとしても。

自分の白い部分が死んだとしても。

 

 

それは正常といえるのか?

 

蜘蛛の糸を引きちぎるのを拒んだり、白い部分を守ろうとしている人達を狂人と呼ぶことがある。

 

それは本当に狂っているのか?

 

 

だれも正解は分からないしおそらく正解なんてない。

あるのは鈍くなれた多数派がつくる常識という枠だけだ。

 

 

ただ自分の白い部分を守ろうとしただけで、こうなってしまうとは思わなかった。

 

 

狂人は誰だ。

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HPの回復と装備の強化

今週のお題「リラックス」

 

わたしの最高のリラックス法は引きこもって本や動画をみることです。

 

シャワーを浴びて、いい香りのボディクリームを塗って、素敵なパジャマを着て。

今日は一歩も外にでないと強く誓う。

 

そして本や動画で刺激をもらったり、内面と向き合ったりする。

 

眠くなったら寝て、甘いものを食べる。

これだけで満たされてHPは満タンになります。

 

こんな日が週に一回はないと絶対に死んでしまう。

 

もう1日の休みは何に使うのかというと、外で遊ぶ。用がなくても必ず外にでる。

 

友達と遊んだり、買い物したり、スポーツしたり。

 

これはどちらかというとリフレッシュですね。

経験値がUPして装備が強くなります。

 

このような休日がないと毎日の戦闘(仕事)に耐えられない。

 

日々の問題をクリアするためにはHPの回復と装備の強化が欠かせません。

 

 

ただ子育てとなるとこのような時間を取るのは難しいですよね、、

 

 

世のお母様方のすごさが身にしみる、、。

なんとか日常にリラックス法をねじ込む方法を探さなくては一生結婚できねぇな、、。

 

明日も1日がんばりまっしょい

 

おしまい

 

 

 

 

 

AIに勝てる仕事

 

AIに勝てる仕事。

それはずばり「感情を生む仕事」です。

 

芸術、教育、娯楽、思想、、

この辺りの仕事はなくならないでしょうね。

 

逆に事務仕事や単純作業などは近い将来すべてAIがすると思うし、極論AIの進化に伴って感情のない仕事は全てなくなります。

 

 

なぜなら人はロボットに褒められても嬉しくないし、ロボット同士の戦いには興奮できないからです。(ロボットバトルは熱狂者もいるが、それは操作を人間がしているからであり、自立したロボット同士ではない)

 

e-Sportsやオリンピックなどももっと盛り上がりを見せるでしょう。

 

思想や哲学なと「どうやったらよりよく生きれるか」の議論も活発化しそうですね。

 

まるでポリスがあった時代に逆戻りです。

 

あの頃奴隷がしてくれていた仕事をAIがしてくれるようになる。

 

そんな今とは全く違う景色の未来も近いかもしれません。

 

 

おしまい

 

 

ネガティブ?ポジティブ?

 

コップに水が半分入っています。

少ないと感じますか?多いと感じますか?

 

この質問一時期はやりましたよね。

f:id:na_mix:20181027033739j:image

同じ量入っていても感じ方は人それぞれだ。

ということを伝えるための分かりやすい例だと思うのですが、ここで持論を。

 

少ないと思う(ネガティブ)な人はバカだ。

 

この丁度半分の水を半分「しかない」と思う人は最悪の事態が想像できていないんです。

つまり、コップに水が全くない場合。

 

コップに水がゼロの場合を想像できていれば、水が半分「もある」となるはずです。

 

しかない」と思う人はコップになみなみと注がれた水を想像していることでしょう。

 

100に比べたら50は少ないですもんね。

 

なにが言いたいかって、最悪の事態も最高の事態も(0も100も)想像できていれば、半分を少ないと感じることはないでしょう。

 

だから少ないと感じてしまう、物事をネガティブに捉えてしまう人は、おバカさんだって言いたいんです。

 

人生0も100もそうそうないんだから、50をどう捉えることができるかでハッピー度はかなり変わってきますよね♪( ´θ`)

 

落ち込んだ時は「0じゃないだけまぁいっか」

元気な時は「100じゃないからがんばろう」

 

都合よく自分の機嫌とってきましょ〜!

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

海辺のカフカ〜読書感想文〜

 

ノルウェイの森ですっかり村上春樹に魅せられて、海辺のカフカも読みました。

 

いやぁ〜すごい。

こんなに後先考えずに行動できちゃう人いるんだって。それほど大きな衝動があることに羨ましさと驚きを感じました。はい。

 

小説のよさってやっぱり自分になかった感情を知れることだとおもう。

 

私だって家出したいと思ったことは何度かあるけど、中学生が1人で生活していけるわけでもないことくらい想像できて諦めてた。

 

それを知らない人の家に泊まったり(きちんと強くなる準備をしていたとしても)、ナカタさんだって知らない人の運転で連れてってもらったりして、私だったら絶対に怖くてできないしそんな発想もないって思ってしまった。

 

設定はファンタジーっぽいとこもあるけど、すごく身近で切実な問題があって読んでて苦しかったなぁ。

 

アロハのやつも一人称「俺っち」から「俺」になってたし。わざとかなぁ。わざとだよなぁ、あれは。最後にちゃんとジョニーウォーカー殺すし、ホシノくんが1番のヒーローだと思う。

 

登場人物もキャラ濃くて覚えやすいてか顔がイメージできるからいいよね。

 

面白い本読んでると頭の中に動画がながれるかんじがして、すごく好き。

要するに面白かったです。

 

村上作品他にも読んでいきたいと思います〜♪( ´θ`)

 

 

 

おしまい

 

意地悪される方が悪いんだ

お題「今日の出来事」

 

意地悪される方が悪いんだ。

今日出会ったのはそんな方だった。

 

いじめもパワハラも受ける方が悪いんだ。される方にも原因はある。

そんな風に考えている人はどこの場面にもいる。

 

 

でも、誰がそんな世界で生きたいんだろうか。

 

 

そんな人に出会うと私はいつも聞きたくなる。

「じゃああなたは人から冷たくされたことや意地悪されたことはないんですか?それを嫌だとは思わなかったんですか?」と。

 

生きてればどこかで意地悪されたり、理不尽な扱いをうけることは必ずあるだろう。

 

100%ないと言える人はほとんどいない。

そんな稀な人は意地悪に気づかない鈍感でパッパラパーな幸せ人間だ。

 

意地悪されたから意地悪を仕返すのでは、自分で嫌な世界を立証したことになる。

「ほらな、世の中こんなもんだ」

所詮弱肉強食。される方にも問題がある。

 

そうやって過去の自分を追い詰める。意地悪をした方が悪いんではなくて、意地悪をされた自分が悪いんだ、と。

人に意地悪をした自分を肯定することで、過去に意地悪された自分を否定している。

この負のスパイラルにはまるとやっかいだ。

 

 

だって意地悪を受けたことがない人なんていないから。

 

 

今あなたが意地悪をしているのは過去のあなただということを忘れないでほしい。

 

される方が悪いんだ。弱いからいけないんだ。

そうやって自分の首を締めて生き辛くなる前に、今すぐ考えを改めてほしい。

 

過去の自分に、意地悪される方が悪いんじゃない。してくる方が悪いんだよ。と胸を張って言えるように。

 

あなたのその意地悪をされたモヤモヤは人にぶつけることでは解消されない。その空虚は大きくなるばかり。

 

人に優しく。許しあうこと。意地悪している人をきちんと見下すこと。

 

そうすることで過去の自分を救うことができるよ。

 

今日出会った方にこの考えが伝わることはないだろうけど、見てくれた人の周りの世界が少しでも平和になりますように。自戒もこめて。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

ノルウェイの森〜読書感想文〜

村上春樹さんのノルウェイの森を読んだ。

 

村上春樹作品は回りくどくてめんどくさいイメージがあったので読むのを避けてしまっていた。

 

第1印象は、、エッロ!え!村上春樹ってもっと固いセンチメンタルなイメージだったよ!

ピースの又吉のもっと複雑なのだと思ってたよ!

 

てか村上春樹好きって堂々と言える人すごくない?こんなにエロいのに?そっと心にしまっておきたい好きさじゃない?

 

あれかな、村上春樹のエロさは文学として成り立ってるから恥ずかしいものなんかじゃない!(そういったものを好きと言える自分かっこいい)みたいなもんなのかな?

 

とかちょっときもいテンションの上がり方をしてしまったんですが、、

 

でも、確かにすごい。

表現は複雑だか、それがめんどくさくなく、情景のイメージをより鮮明にしてくれる。

 

そもそも人間は白黒はっきりしてるようなものではないので、きちんと描こうとしたら複雑になってしまうものなんだと思う。

 

ピースの又吉さんの火花は情景をいろんなものに例えて細かく書いているが、それに回りくどさを感じてしまうというか、あえて回りくどくしてると感じてしまう。(それでもとてもおもしろかったけど)

 

村上春樹さんのはすっと入ってくるし、不自然さを感じない。森の木が全部バターになって溶けてしまうくらい好き。というフレーズには感動した。

そう、私は感動したのだ。

この本を村上春樹を好きになってしまったしこれからどんどん制覇していこうと思う。

 

おしまいまいかぶり